型式 SET 整流短管  (流量計測用整流装置)

Back

   

流量計の上流にSET型整流短管を取り付けると上流側の偏流、旋回流を整流します。
差圧流量計(オリフィス ベンチュリ など)、パドル流量計、タービンメータ 超音波流量計 熱式気体流量計 などの
上流側の非定常流(偏流や旋回流)の影響を受けると精度の影響を受ける流量計に適用できます。

流量計の直管配管の必要性については「技術資料」一般偏6.を参照ください。


仕 様
型  式 SET
品  名 整流短管
製作口径 25A 〜 500A    (500Aを超えるサイズはご相談ください。)
測定流体 液体 、 気体 、 蒸気
最高使用圧力 フランジ規格による
取付方法 フランジ短管
材    質
SUS304  標準     SUS316  SUS316L  チタン  製作可能
 
接    続
フランジ JIS 10K F.F.(標準)

JIS 5K  16K  20K  30K   ANSI   JPI  製作可
備 考 高圧ガス保安法適合品は製造しておりません。(高圧ガス設備試験成績証明書の発行はできません)


本器は JIS Z8762-2:2007   JIS Z8766:2002  規格内で解説されている
非一様多孔板式整流装置と呼ばれる「非一様多孔板A形」で 明石式整流装置 です。

絞り比 m = 0.586  (絞り比 = 穴面積÷配管内径面積)

標準以外の材質、接続規格、全長、については型式記号に付加してご指示ください。

フローストレイトナと呼ばれる整流装置と同じ機能のものです。

整流短管の寸法検査につきましては、フランジ外径、フランジボルト穴ピッチ、フランジボルト穴内径、フランジ厚さ、短管長さ
及び外観目視検査の項目とさせていただきます。寸法許容差は弊社規格を採用します。

JIS に基づく圧力容器としての強度計算書の添付は可能です。

高圧ガス保安法適合品は製造しておりません、高圧ガス設備試験成績証明書の発行はできません。

 

 

整流短管 SET
整流短管 SET  整流部詳細
整流短管 型式:SET   500A

本器は整流装置、型式:SEP 整流板を短管の配管内部に設置して整流板と短管を配管外側より溶接した構造です。

面間(全長寸法)は下の表に示しますが、異なる長さに変更して製作することは
可能ですが、整流装置(穴部分)下流側は配管内径の 8倍 の直管部は必要になります。

 


仕様書図面サンプル
 

 

 整流短管 SET 型式表

@AB CD E F G H I J K L 型式番号
機種 機能 流れ方向 口径 接続 規格 材質 付加1 付加2 付加3 型式名称
SET 10 1 型式記号
 


 





 



 



 



 



 




 




 
A  付加なし (標準)
C  脱脂処理 (旧:禁油処理C1)
D  禁油処理 (旧:禁油処理C2)
Z  特殊
A    付加なし 標準
Z    特殊
A    付加なし (標準)
Z    特殊
H    SUS316
E    SUS304
Z    特殊
A    JIS10K フランジ (標準)
B    JIS16K フランジ
C    JIS20K フランジ
D    JIS30K フランジ
I    JPI 150 フランジ
P    ANSI 150 フランジ
Z    特殊
A    フランジ RF   (JIS 20K  30K ANSI  JPI)
B    フランジ FF ( JIS 10K FF 標準)
Z    特殊
F (1B)  25A
G (1・1/4B)  32A
H (1・1/2B)  40A
I (2 B)  50A
J (2・1/2B)  65A
K (3 B)  80A
L (4 B)  100A
M (5 B)  125A
N (6 B)  150A
O (8 B)  200A
P (10 B)  250A
Q (12 B)  300A
R (14 B)  350A
S (16 B)  400A
T (18 B)  450A
U (20 B)  500A
     
1    標準
10    標準
 

型式 SET  寸法、質量
呼び径 面間(全長) mm 下流側必要直管長さ mm
整流短管と流量計上流側長さmm
流量計下流側
必要直管長さ
mm
フランジ JIS10K 質量kg
25A 300 0 120 3.0
32A 400 0 150 4.2
40A 500 0 170 5.0
50A 500 0 220 6.5
65A 1000 0 300 12.0
80A 1000 0 320 14.0
100A 1000 0 430 18.0
125A 1000 200 520 27.0
150A 1000 400 620 34.0
200A 1000 800 820 53.0
250A 1000 1200 1020 73.0
300A 1000 1600 1220 87.0
350A 1000 1920 1360 116
400A 1000 2320 1560 148
450A 1000 2730 1760 180
500A 1000 3100 1960 230

SET 設置例

SET型 整流短管 使用例

整流短管 SETに使用のボルト/ナット類、パッキングはお客様でご用意ください。ご下命くださればセットでの納入もいたします。

 

流量計の種類 上流側配管条件 必要直管長
SET型使用

差圧流量計
パドル流量計
タービンメータ
超音波流量計

直管
収縮管
拡大管
90゜ベント1つ
90゜ベント2つ
仕切弁全開
仕切弁半開

* D:配管の内径
直管長さは測定精度に影響があります。
一般的に上記形式の流量計では上流側、下流側の直管長さは長いほど流量誤差を小さくすることができますので
整流装置を用いる場合でも出来るだけ直管部を長くする配管設計をお薦めいたします。
整流短管を用いた場合でも下流側は最低でも 5D が必要です。



 

液体の圧力損失特性


水以外の液体の場合には圧力損失に密度(kg/L)を乗じてください。
例:密度1.2kg/Lの液体の場合は「水の圧力損失」×1.2 が圧力損失(kPa)

口径(管内径)、最大流量、液体密度 kg/m^3
をご連絡いただければ圧力損失計算書(グラフ付き)をご提示できますので
上記「お問い合わせ」にてForm送信してください。

なお、圧力損失計算書は試験成績書ではありませんので
書類としては発行せず、参考資料としての提示となります。
 

 

 

気体、蒸気の圧力損失特性


気体・蒸気の流量(m^3/h)はオペレーション流量ですのでノルマル流量の場合は操業時
の流量に換算してさらにオペレーション密度を計算して上記グラフを適用してください。

オペレーション密度、操業時の流量を求めるエクセル計算式はこちら

口径(管内径)、最大流量、気体密度 kg/m^3(ntp)、温度、圧力
をご連絡いただければ圧力損失計算書(グラフ付き)をご提示できますので
上記「お問い合わせ」にてForm送信してください。

なお、圧力損失計算書は試験成績書ではありませんので
書類としては発行せず、参考資料としての提示となります。
 



Back                                           流体工業株式会社