差圧流量計 RDT シリーズ

Back

   
仕 様
型  式 RDT RDT  STEAM用  100A
測定流体

STEAM (飽和蒸気  過熱蒸気)
GAS       (AIR   N2  CO2  etc )
液 体               

精   度 ±1 % F.S. 以内
接   続 フランジ形   ウエハー形  選択
使用材質 SUS304 SUS316 STPG  SGP  選択
サイズ 25A 〜 500A
使用温度範囲 -10 〜 +200℃ (以外の場合はご相談ください。)
周囲温度範囲 -10 〜 +60℃
周囲湿度範囲 0 〜 100 %RH (結露なきこと)
差圧伝送器構造 IP66 (G1/2電線接続口防水コネクタ使用の場合)
使用圧力範囲 10kPa(G) 〜 3MPa(G)
最大差圧レンジ 5kPa   〜  200kPa
指定差圧にて設計可
指定無き場合は50kPa(蒸気)
指定無き場合は25kPa(気体)
差圧伝送器 12〜42VDC  2線式
4〜20mADC  +  HARTプロトコル
開平出力/差圧比例出力 選択可
電線管接続口サイズG1/2

差圧伝送器耐圧:13.8MPa(G)
差圧取り出し フランジタップ
絞り孔径 β=d/D   d:絞り孔径 D:配管内径 0.1≦β≦0.75
均圧弁(オプション) 右画像の均圧弁付属します。(推奨品)
防爆構造(オプション) JIS 耐圧防爆構造 TIIS Flameproof
Ex d UC T5
.規格 CEマーキング対応:標準
オリフィス:JIS Z8762-2:2007
備 考
高圧ガス保安法適合品は製造しておりません。
(高圧ガス設備試験成績証明書の発行はできません。)

天然ガス  LPG   などの可燃性ガスも対応


RDT はオリフィス部本体+差圧伝送器 を一体組込した、設置が容易な組み合わせ差圧流量計です。
開平付き差圧伝送器から流量比例のアナログ電流出力が得られ、従来の2線式流量計との交換も可能です。
流量レンジ1:10以上の測定が可能です。

旧モデル:RDP-100 の代替えとしてご使用になる場合は差圧比例出力(差圧リニア出力)を選択して、流量表示演算器
にて開平処理をおこなうことで従来どおりご利用いただけます。

旧モデル:RDP-505 の代替えとしてご使用になる場合は流量比例出力(開平出力)を選択することで
従来どおりご利用いただけます。

旧:RDP-100   RDP-505  の代替え、リプレースで選定の場合は、ご使用機器の製造番号をご連絡ください。
 

差圧流量計の基本式   Q=CA×(2×P÷ρ)^0.5

                Q:体積流量(m3/sec)
                C:流出係数
                A:流路面積(m2
                P:差圧   (Pa)
                ρ:流体密度(kg/m^3)

   体積流量は差圧の平方根(square root ルート)に比例し、流体密度の平方根に反比例する。
   差圧が4倍になると流量は2倍、差圧が1/4(25%)になると流量は1/2(50%)になる。
   差圧が2倍になると流量は1.41倍、差圧が50%になると流量は70.7%になります。
   流量と差圧の関係を表すと二乗特性のグラフになります。


                                 W=CA×(2×P×ρ)^0.5

                W:質量流量(t/sec)
                C:流出係数
                A:流路面積(m2
                P:差圧   (Pa)
                ρ:流体密度(kg/m^3)


       質量流量は差圧の平方根(square root ルート)に比例し、流体密度の平方根に比例する。
   差圧が4倍になると流量は2倍、差圧が1/4(25%)になると流量は1/2(50%)になる。
   差圧が2倍になると流量は1.41倍、差圧が50%になると流量は70.7%になります。
   流量と差圧の関係を表すと二乗特性のグラフになります。
 

RDT  STEAM 用  100A

STEAM の流量計測 (HART通信による最大流量レンジ変更)
暖房、冷房などにSTEAMを用いると冬季、夏季のSTEAM使用量が異なり流量計測に不都合な場合
があります。差圧流量計(オリフィス)ではオリフィスを交換して大流量、小流量に対応することも
可能なのですが、オリフィスを交換するのは相当な手間がかかり大変な作業でした。

本機 RDT はHART通信で差圧を設定できますので、最大流量時の差圧設定を容易に変更すること
が可能となっております。

例として、口径:100A  圧力:0.5MPa(G) 温度:159℃ (飽和蒸気)
夏季の最大流量:1500kg/h  冬季の最大流量:3000kg/h として設計した場合

夏季の場合 オリフィス内径:d=55.0mm  最大発生差圧:12.25kPa   最大流量:1500kg/h

冬季の場合 オリフィス内径:d=55.0mm 最大発生差圧:50  kPa  最大流量:3000kg/h

となります。

HART通信にて
差圧伝送器の最大差圧レンジを 12.25kPa に設定すれば、最大流量が 1500kg/h 夏季用レンジ
差圧伝送器の最大差圧レンジを 50.00kPa に設定すれば、最大流量が 3000kg/h 冬季用レンジ

受信計器側にて差圧伝送器の出力信号 Max.20mADCのとき、夏季は 1500kg/h に設定する。
受信計器側にて差圧伝送器の出力信号 Max.20mADCのとき、冬季は 3000kg/h に設定する。

上の例のように、最大流量にして 50%から70% 程度のレンジ変更はHART通信によるソフト面
での設定変更が可能となります。

実際の設定変更はHART通信ケーブルを接続して、HART通信ソフトを起動して、メニュー
の最大レンジ 12.25 kPa   と 50 kPa を変更するだけで、受信計器側だけでの通信作業ですので
10分もかからない作業になります。


最大流量レンジの変更方法(設計時の最大流量レンジの変更)
当初の設計にて最大流量レンジを 5000 kg/h として製作したが、使用状況が変わり最大流量レンジを
2500 kg/h に変更したい場合はHART通信にて最大差圧レンジを変更することで可能となります。
この場合は最大差圧レンジを当初のおおよそ 1/4 に減らすことになります。また、使用流量が多くなり
最大流量レンジを 7000 kg/h に増す場合は最大差圧レンジを大きくすることで可能となります。
この場合の変更したい最大流量レンジ値は使用状況により都度異なることになりますので、変更したい
最大流量レンジを弊社にご連絡いただければオリフィス計算をおこない、最大差圧レンジをご連絡させていただきます。
ご連絡の場合は製造番号を合わせてご連絡ください。

最大流量レンジの変更は  STEAM  、 気体 、 液体 の全てに対応できますので、製作後において
レンジ変更が容易に可能な流量計であり利便性が高いモデルと云えます。

なお、最大流量レンジの変更は操業中(流量計測中)でも可能であり流れを止める必要はありません。

 

最大流量レンジ変更の例 (HART通信によるレンジ変更)

当初の設計が最大流量レンジ1000kg/h、最大差圧25kPaであったが、実際に使用してみたら
流量が1000kg/hをオーバーしてしまい流量計測ができなくなってしまった。(例)


設計変更して最大流量レンジ1500kg/h、最大差圧56.25kPaにレンジ変更することで
当初の設計流量を 1.5倍にすることで流量計測を可能とする。


上の例では最大差圧レンジを25kPaから56.25kPaに変更することが可能な
元圧力がある場合を想定していて、流量レンジを 1.5倍にするには、差圧レンジを
2.25倍にする大凡の計算をしています。(1.5^2=2.25)
実際の最大差圧レンジはオリフィス計算によって決定いたします。
納入後のオリフィス計算については弊社営業担当にお問い合わせください。


なお、当初設計した流量をオーバーして流れている場合は現在の流れている
流量を知ることはできませんので、最大差圧レンジを何度か変更してみて
流れている流量を把握した後に、最終的に変更する最大流量レンジを決定します。

 


当初の設計が最大流量レンジ1000kg/h、最大差圧25kPaであったが
実際に使用してみたら流量が500kg/h以下で使用することが判った。
そこで最大流量レンジを700kg/hに変更することにした。

設計変更して最大流量レンジ700kg/h、最大差圧12.25kPaにレンジ変更
することで最大流量レンジを70%にすることができた。



この例では最大差圧レンジを25kPaから12.25kPaに変更し
流量レンジを70%にするには差圧レンジを49%にする大凡の計算をしています。
700 ÷ 1000 = 0.7    0.7^2 = 0.49    25 kPa × 0.49 = 12.25 kPa
実際の最大差圧レンジはオリフィス計算によって決定いたします。
納入後のオリフィス計算については弊社営業担当にお問い合わせください。



 

RDT   GAS LIQUID 用


デジタル流量指示積算計
デジタル流量指示積算計  RVF-36A-1-XBXA 販売終了しました。



デジタル流量指示積算計ご使用の場合はRDTの出力を開平出力
として、流量表示器 モデル:RDM-300 をご使用ください。

 



RDT  オリフィス板リプレーサブルタイプ



流量レンジの把握が困難な場合や流量レンジを変更するラインなどに
オリフィスプレートが交換できる構造です。
フランジに挟み込んだオリフィスプレートの交換が可能です。

差圧取り出し  D ・ D/2 タップ    口径:80A 〜  500A

オリフィスプレートリプレーサブルタイプ 仕様書図面 PDF
 



RDT  蒸気用 均圧弁付き


RDT  STEAM用  100A



差圧流量計 型式:RDT  均圧弁付きモデル

配管設置後のメンテナンスを考慮して、均圧弁付きモデルを推奨しております。

通常の稼働中は均圧弁(マニホールドバルブとも云います)のセンターのバルブ
は全閉で、両サイドのバルブは全開で流量計測をおこないます。

定期点検などおこなう場合はセンターのバルブを全開にし、両サイドのバルブを全閉
す ることにより、差圧伝送器を配管から切り離した状態にすることができます。
電流ループ試験や加圧ポンプによる電流発信の出力信号のチェックなどおこなえます。

配管に蒸気(流体)が流れている稼働中でも以下の操作は可能です。

流量ゼロの確認をおこなう場合は、センターのバルブを開にし、両サイドのバルブを閉め
均圧弁の下にあるドレンバルブ2個を小型モンキースパナを用いて先端のネジ部品
を3回転ほど緩めてドレンを排出します。これで差圧伝送器には大気圧が加わった状態
になり流量ゼロの状態になります。

点検後は均圧弁の下にあるドレンバルブを確実に閉め、両サイドのバルブを開にして
最後にセンターのバルブを閉めます。

均圧弁を付けないと蒸気(流体)を流している稼働中に流量ゼロにするなど
の点検がおこなえず、蒸気(流体)を止めるなどの操作が必要になり
点検に支障がでる場合がありますので、均圧弁付きモデルを推奨しております。



蒸気(スチーム)用 RDT ゼロ調整手順

 



型式:RDT  均圧弁


均圧弁 詳細



差圧流量計 RDT  ルーズフランジモデル

流量計を取り付ける配管の下に別の配管や機器があって流量計と干渉
する場合には、差圧流量計のフランジ部分をルーズフランジタイプで製造して
取り付けの際に干渉しない位置に流量計を傾斜させることができます。


配管、他の機器に干渉しない任意の角度で設置が可能です。

お引き合い時にルーズフランジモデルとご指示ください。(13桁型式記号以外でご指示ください)

差圧流量計:RDT  ルーズフランジモデル


フランジ固定溶接構造の標準品の場合に 80A JIS10K 以上のフランジでは
配管取り付けボルトが8個以上45°、30°振り分けですので、流量計全体を45°、30°
の傾斜 角度で取り付け、他の配管や機器に干渉しない位置に取り付けることは可能です。
下は配管の手前側に傾けていますが、配管奥側でも可能です。



 

差圧流量計 RDT   圧力損失表 PDF     (絞り直径比 β  0.1〜0.75   流量  10 % 〜  100 %   圧力損失 kPa)

差圧流量計 RDT では圧力補正、温度補正をおこなった補正出力による質量流量計の機能はありません。

使用状態での流体密度は設計時の流体密度で流れていることを条件とし、圧力変化、温度変化により流体密度
が設計時の流体密度と異なる場合は流量誤差が発生しますので、ご注意ください。
差圧−流量 出力電流の関係
最大差圧レンジ kPa 50 最大流量レンジ 1,000
差圧 差圧 流量 流量 差圧比例電流 流量比例電流
P(%) Q(%) IP IQ
kPa   mA mA
50.0000 100.000 1,000.00 100.00 20.000 20.000
45.1250 90.250 950.00 95.00 18.440 19.200
40.5000 81.000 900.00 90.00 16.960 18.400
36.1250 72.250 850.00 85.00 15.560 17.600
32.0000 64.000 800.00 80.00 14.240 16.800
28.1250 56.250 750.00 75.00 13.000 16.000
24.5000 49.000 700.00 70.00 11.840 15.200
21.1250 42.250 650.00 65.00 10.760 14.400
18.0000 36.000 600.00 60.00 9.760 13.600
15.1250 30.250 550.00 55.00 8.840 12.800
12.5000 25.000 500.00 50.00 8.000 12.000
10.1250 20.250 450.00 45.00 7.240 11.200
8.0000 16.000 400.00 40.00 6.560 10.400
6.1250 12.250 350.00 35.00 5.960 9.600
4.5000 9.000 300.00 30.00 5.440 8.800
3.1250 6.250 250.00 25.00 5.000 8.000
2.0000 4.000 200.00 20.00 4.640 7.200
1.1250 2.250 150.00 15.00 4.360 6.400
0.5000 1.000 100.00 10.00 4.160 5.600
0.4050 0.810 90.00 9.00 4.130 5.440
0.3200 0.640 80.00 8.00 4.102 5.280
0.2450 0.490 70.00 7.00 4.078 5.120
0.1800 0.360 60.00 6.00 4.058 4.960
0.1250 0.250 50.00 5.00 4.040 4.800
0.0800 0.160 40.00 4.00 4.026 4.640
0.0450 0.090 30.00 3.00 4.014 4.480
0.0200 0.040 20.00 2.00 4.006 4.320
0.0050 0.010 10.00 1.00 4.002 4.160
0.0000 0.000 0.00 0.00 4.000 4.000
Q=C×A×(2×P÷ρ)^0.5 Q(%) = 25×(IP−4)^0.5
IP(mA) = (Q%÷25)^2+4
Q(%) = (IQ−4)÷16×100
IQ(mA)= (Q%÷100×16)+4
P(%) = (Q%÷10)^2
Q(%) = (P%^0.5)×10
差圧−流量 出力電流の関係
最大差圧レンジ kPa 25 最大流量レンジ 1,000
差圧 差圧 流量 流量 差圧比例電流 流量比例電流
P(%) Q(%) IP IQ
kPa   mA mA
25.0000 100.000 1,000.00 100.00 20.000 20.000
22.5625 90.250 950.00 95.00 18.440 19.200
20.2500 81.000 900.00 90.00 16.960 18.400
18.0625 72.250 850.00 85.00 15.560 17.600
16.0000 64.000 800.00 80.00 14.240 16.800
14.0625 56.250 750.00 75.00 13.000 16.000
12.2500 49.000 700.00 70.00 11.840 15.200
10.5625 42.250 650.00 65.00 10.760 14.400
9.0000 36.000 600.00 60.00 9.760 13.600
7.5625 30.250 550.00 55.00 8.840 12.800
6.2500 25.000 500.00 50.00 8.000 12.000
5.0625 20.250 450.00 45.00 7.240 11.200
4.0000 16.000 400.00 40.00 6.560 10.400
3.0625 12.250 350.00 35.00 5.960 9.600
2.2500 9.000 300.00 30.00 5.440 8.800
1.5625 6.250 250.00 25.00 5.000 8.000
1.0000 4.000 200.00 20.00 4.640 7.200
0.5625 2.250 150.00 15.00 4.360 6.400
0.2500 1.000 100.00 10.00 4.160 5.600
0.2025 0.810 90.00 9.00 4.130 5.440
0.1600 0.640 80.00 8.00 4.102 5.280
0.1225 0.490 70.00 7.00 4.078 5.120
0.0900 0.360 60.00 6.00 4.058 4.960
0.0625 0.250 50.00 5.00 4.040 4.800
0.0400 0.160 40.00 4.00 4.026 4.640
0.0225 0.090 30.00 3.00 4.014 4.480
0.0100 0.040 20.00 2.00 4.006 4.320
0.0025 0.010 10.00 1.00 4.002 4.160
0.0000 0.000 0.00 0.00 4.000 4.000
Q=C×A×(2×P÷ρ)^0.5 Q(%) = 25×(IP−4)^0.5
IP(mA) = (Q%÷25)^2+4
Q(%) = (IQ−4)÷16×100
IQ(mA)= (Q%÷100×16)+4
P(%) = (Q%÷10)^2
Q(%) = (P%^0.5)×10
差圧−流量 出力電流の関係
最大差圧レンジ kPa 20 最大流量レンジ 1,000
差圧 差圧 流量 流量 差圧比例電流 流量比例電流
P(%) Q(%) IP IQ
kPa   mA mA
20.0000 100.000 1,000.00 100.00 20.000 20.000
18.0500 90.250 950.00 95.00 18.440 19.200
16.2000 81.000 900.00 90.00 16.960 18.400
14.4500 72.250 850.00 85.00 15.560 17.600
12.8000 64.000 800.00 80.00 14.240 16.800
11.2500 56.250 750.00 75.00 13.000 16.000
9.8000 49.000 700.00 70.00 11.840 15.200
8.4500 42.250 650.00 65.00 10.760 14.400
7.2000 36.000 600.00 60.00 9.760 13.600
6.0500 30.250 550.00 55.00 8.840 12.800
5.0000 25.000 500.00 50.00 8.000 12.000
4.0500 20.250 450.00 45.00 7.240 11.200
3.2000 16.000 400.00 40.00 6.560 10.400
2.4500 12.250 350.00 35.00 5.960 9.600
1.8000 9.000 300.00 30.00 5.440 8.800
1.2500 6.250 250.00 25.00 5.000 8.000
0.8000 4.000 200.00 20.00 4.640 7.200
0.4500 2.250 150.00 15.00 4.360 6.400
0.2000 1.000 100.00 10.00 4.160 5.600
0.1620 0.810 90.00 9.00 4.130 5.440
0.1280 0.640 80.00 8.00 4.102 5.280
0.0980 0.490 70.00 7.00 4.078 5.120
0.0720 0.360 60.00 6.00 4.058 4.960
0.0500 0.250 50.00 5.00 4.040 4.800
0.0320 0.160 40.00 4.00 4.026 4.640
0.0180 0.090 30.00 3.00 4.014 4.480
0.0080 0.040 20.00 2.00 4.006 4.320
0.0020 0.010 10.00 1.00 4.002 4.160
0.0000 0.000 0.00 0.00 4.000 4.000
Q=C×A×(2×P÷ρ)^0.5 Q(%) = 25×(IP−4)^0.5
IP(mA) = (Q%÷25)^2+4
Q(%) = (IQ−4)÷16×100
IQ(mA)= (Q%÷100×16)+4
P(%) = (Q%÷10)^2
Q(%) = (P%^0.5)×10
差圧−流量 出力電流の関係
最大差圧レンジ kPa 10 最大流量レンジ 1,000
差圧 差圧 流量 流量 差圧比例電流 流量比例電流
P(%) Q(%) IP IQ
kPa   mA mA
10.0000 100.000 1,000.00 100.00 20.000 20.000
9.0250 90.250 950.00 95.00 18.440 19.200
8.1000 81.000 900.00 90.00 16.960 18.400
7.2250 72.250 850.00 85.00 15.560 17.600
6.4000 64.000 800.00 80.00 14.240 16.800
5.6250 56.250 750.00 75.00 13.000 16.000
4.9000 49.000 700.00 70.00 11.840 15.200
4.2250 42.250 650.00 65.00 10.760 14.400
3.6000 36.000 600.00 60.00 9.760 13.600
3.0250 30.250 550.00 55.00 8.840 12.800
2.5000 25.000 500.00 50.00 8.000 12.000
2.0250 20.250 450.00 45.00 7.240 11.200
1.6000 16.000 400.00 40.00 6.560 10.400
1.2250 12.250 350.00 35.00 5.960 9.600
0.9000 9.000 300.00 30.00 5.440 8.800
0.6250 6.250 250.00 25.00 5.000 8.000
0.4000 4.000 200.00 20.00 4.640 7.200
0.2250 2.250 150.00 15.00 4.360 6.400
0.1000 1.000 100.00 10.00 4.160 5.600
0.0810 0.810 90.00 9.00 4.130 5.440
0.0640 0.640 80.00 8.00 4.102 5.280
0.0490 0.490 70.00 7.00 4.078 5.120
0.0360 0.360 60.00 6.00 4.058 4.960
0.0250 0.250 50.00 5.00 4.040 4.800
0.0160 0.160 40.00 4.00 4.026 4.640
0.0090 0.090 30.00 3.00 4.014 4.480
0.0040 0.040 20.00 2.00 4.006 4.320
0.0010 0.010 10.00 1.00 4.002 4.160
0.0000 0.000 0.00 0.00 4.000 4.000
Q=C×A×(2×P÷ρ)^0.5 Q(%) = 25×(IP−4)^0.5
IP(mA) = (Q%÷25)^2+4
Q(%) = (IQ−4)÷16×100
IQ(mA)= (Q%÷100×16)+4
P(%) = (Q%÷10)^2
Q(%) = (P%^0.5)×10
差圧−流量 出力電流の関係
最大差圧レンジ kPa 5 最大流量レンジ 1,000
差圧 差圧 流量 流量 差圧比例電流 流量比例電流
P(%) Q(%) IP IQ
kPa   mA mA
5.0000 100.000 1,000.00 100.00 20.000 20.000
4.5125 90.250 950.00 95.00 18.440 19.200
4.0500 81.000 900.00 90.00 16.960 18.400
3.6125 72.250 850.00 85.00 15.560 17.600
3.2000 64.000 800.00 80.00 14.240 16.800
2.8125 56.250 750.00 75.00 13.000 16.000
2.4500 49.000 700.00 70.00 11.840 15.200
2.1125 42.250 650.00 65.00 10.760 14.400
1.8000 36.000 600.00 60.00 9.760 13.600
1.5125 30.250 550.00 55.00 8.840 12.800
1.2500 25.000 500.00 50.00 8.000 12.000
1.0125 20.250 450.00 45.00 7.240 11.200
0.8000 16.000 400.00 40.00 6.560 10.400
0.6125 12.250 350.00 35.00 5.960 9.600
0.4500 9.000 300.00 30.00 5.440 8.800
0.3125 6.250 250.00 25.00 5.000 8.000
0.2000 4.000 200.00 20.00 4.640 7.200
0.1125 2.250 150.00 15.00 4.360 6.400
0.0500 1.000 100.00 10.00 4.160 5.600
0.0405 0.810 90.00 9.00 4.130 5.440
0.0320 0.640 80.00 8.00 4.102 5.280
0.0245 0.490 70.00 7.00 4.078 5.120
0.0180 0.360 60.00 6.00 4.058 4.960
0.0125 0.250 50.00 5.00 4.040 4.800
0.0080 0.160 40.00 4.00 4.026 4.640
0.0045 0.090 30.00 3.00 4.014 4.480
0.0020 0.040 20.00 2.00 4.006 4.320
0.0005 0.010 10.00 1.00 4.002 4.160
0.0000 0.000 0.00 0.00 4.000 4.000
Q=C×A×(2×P÷ρ)^0.5 Q(%) = 25×(IP−4)^0.5
IP(mA) = (Q%÷25)^2+4
Q(%) = (IQ−4)÷16×100
IQ(mA)= (Q%÷100×16)+4
P(%) = (Q%÷10)^2
Q(%) = (P%^0.5)×10


 

Back

流体工業株式会社