製品案内

戻る

 
  安全で確実な流量測定は 磁気追従式面積流量計 EM シリーズ
◆ 信頼と実績でお薦めする面積流量計
◆ コンパクト・スリム化に加えて多機能搭載
◆ 耐震・耐火に優れた安全設計のオール金属製
◆ シンプルな構造によりメンテンナンスフリー
◆ 流量指示は電源不要で設置工事容易
 

    EMシリーズ 概要 

面積流量計の原理

JIS B 7551 [フロート形面積流量計]
鉛直なテーパ管内に自由に上下するフロート(可動部)、又は絞り機構をもった直管内に自由に上下する円錐フロートを設け、下方から流体を導き入れると、流れはフロートにより絞られ、その前後に差圧を発生する。
フロート(可動部)は、この差圧による上向きの力をうけて上昇し、フロート(可動部)の有効重量と平衡する位置で静止する。
従って、フロート(可動部)の上昇高さによって決まる流通面積と流量は一定関係にあるので、その位置を検出して流量を測定する。


流通面積と流量の関係は基本的には、次の式で現されます。

ここに、
  Q=流体の体積流量
C=流出係数
A=流通面積
Af=フロートの最大径部断面積
Vf=フロート(可動部)の体積
g=重力の加速度
ρf=フロート(可動部の等価密度)
ρ0=測定状態における流体の密度

流量変化によりテーパ管とフロートの間隙である流通面積が変化する
原理であることから、面積流量計と呼ばれています。
上の基本式より判るようにローρ0の流体密度が変化すると流量Qに影響します。
この流体密度は操業状態ですので、操業中の温度、圧力が変化すると流体密度
は変化しますので、特に気体の場合は温度、圧力が変化すると流量Qに影響し
適切な流量を求めるには補正を行う必要があります。また、設計仕様と異なる流体密度
を流している場合も同様に補正が必要になります。
液体の場合は温度、圧力が変化しても流体密度の変化はあまり大きくないために
流量Qの変化の影響は少ないことになりますが、液体の粘性が温度によって大きく
変化する場合は基本式の流出係数Cに含まれる部分が影響しますので、補正が必要
になる場合があります。

上の式は流量Qは流通面積とフロートの質量及び流体密度の平方根に比例する。
式はベルヌーイの定理と連続の式から導かれています。そして気体の場合は
流体密度はボイル・シャルルの法則から求めます。
よって、面積流量計を扱う場合はベルヌ−イの定理、ボイル・シャルルの法則
による公式を頻繁に使うことになり、ベルヌーイの定理によるので式に √ が存在します。
 


磁気追従式の構造

テーパ管内のフロートの動きをフロートロッドにて上部に取り出し、フロートロッド
のパイプ内にマグネットを封入しておき、本体外部の指示ケース内のもう一つのマグネット
に近づけますと、封入された内部の磁極に吸引されフロートの動きに追従し流量指示します。
このため磁気追従式と呼ばれ、内外部は完全に金属で遮断されているため高温、高圧の流体
不透明流体の測定に最適です。


 
EM シリーズ 共通仕様
型式(機種記号) EMC EMU EMD EMW  EMX  EMY  EMR  EMT  EMG  EMH  EMJ  EMK  EMS
測定流体 液体 ・ 気体 ・ 蒸気 (清浄な流体) 型式(機種記号)によっては測定流体が限定されます。
製作口径 15A 〜 150A (本体サイズ) 型式(機種)によっては製作口径が限定されます。
流量試験 標準: HO試験N又はAIR試験
特殊: 同流体又は同粘度試験 (口径サイズによっては試験方法は制限されます。)
精度 指示計:±1.5% FS
アナログ電流発信:±2.0% FS
積算パルス発信:±2.0% FS
警報発信:±3.5% FS
(樹脂製フロートの場合、上記精度に±1.5%FS加算した値になります。)
測定範囲 1:10 (10〜100%)   (最大流量100%に対して最小流量目盛が10%になります。)
常時使用流量の想定がある場合は最大目盛値の50%以上でのご使用をお薦めいたします。
材質 標準:SUS304
特殊:SUS316   SUS316L   チタン   タンタル   ハステロイ   各種ライニング
接続規格

標準:JIS10K FF フランジ
特殊:JIS16K  以上   ANSI   JPI   DIN   ISO  各規格フランジ  各種ネジ

最高使用圧力 接続規格、フランジ定格による
気体最低圧力 15A〜50A   : 50kPa(G) 以上
65A〜100A   : 100kPa(G) 以上
気体で使用する場合はハンチング発生を予防するために使用圧力を極力大きくしてください。
EMS:低圧力損失形の場合は 20kPa(G) 以上のライン圧力でご使用になれますが
測定流量範囲はご相談ください。
使用温度範囲
(流体温度)
指示計の場合
流れ方向記号 1・2・4・5・7   0〜+200℃

指示計以外の場合
流れ方向記号 1          0〜+120℃
流れ方向記号 2・4・5・7      0〜+300℃

樹脂材質を使用している場合
                     0〜+60℃
流れ方向 型式表の流れ方向記号(番号)でご指定ください。
標準以外の流れ方向の場合は型式記号以外に別途コメントでご指定ください。
塗装色 本体 :100℃未満 ライトグリーン(マンセル 5BG 5/8) その他塗装色:オプション
本体 :100℃以上 シルバー     EMR102:シルバー(標準)
指示器:シルバー
指示器 材質:アルミダイキャスト(ADC12) シルバー塗装  目盛板:アルミ  流量表示窓:ガラス板
供給電源 瞬時流量指示の場合は不要  その他出力信号付きの場合は 別途参照
オプション

その他付加仕様などは型式表を参照ください。


 

EMC101     流れ方向:下↑上

EMC102     流れ方向:下↑→上横



EMR102  100A  125A  150A  液体専用
EMR102   100A 125A   150A   液体専用 流れ方向:下↑→上横
本体塗装色(標準):シルバー
 



EM シリーズ 機種分類
型式機種 測定流体 接続口径 流れ方向 特徴(呼称)
EMC 液体・気体・蒸気 15A〜80A

下→上    記号:1(気体蒸気除く)
下→上横   記号:2
下横→上横  記号:4
下後→上後  記号:5
水平     記号:7

一般:標準 形
EMU 液体・気体・蒸気 15A〜65A 下→上    記号:1(気体蒸気除く)
下→上横   記号:2
下横→上横  記号:4
下後→上後  記号:5
水平     記号:7
一般:サイズアップ形
EMD 液体・気体・蒸気 20A〜100A 下→上    記号:1(気体蒸気除く)
下→上横   記号:2
下横→上横  記号:4
下後→上後  記号:5
水平     記号:7
一般:サイズダウン形
EMW 液体専用 15A〜150A 下→上    記号:1 3足ガイドレス形
EMX 液体専用 15A〜125A 下→上    記号:1 3足ガイドレス形
サイズアップ形
EMY 液体専用 25A〜150A 下→上    記号:1 3足ガイドレス形
サイズダウン形
EMR 液体専用 100A〜150A 下→上横   記号:2 エルボ貫通管指示器形
EMT 液体・気体・蒸気 15A〜25A 下→上    記号:1(気体蒸気除く)
下→上横   記号:2
テーパライナ形
EMG 気体専用 20A〜100A 下→上    記号:1 気体ダンパ機構形
標準
EMH 気体専用 15A〜80A 下→上    記号:1 気体ダンパ機構形
サイズアップ形
EMJ 気体専用 25A〜100A 下→上    記号:1 気体ダンパ機構形
サイズダウン形
EMK 液体専用 20A〜100A 下→上    記号:1 スラリー形
EMS 液体・気体・蒸気 15A〜80A 下→上横   記号:2 低圧力損失形

詳細につきましては上のメニュー CATALOG より PDF をダウンロードください。

 

戻る

流体工業株式会社